我が家の出産レポ~出産の個人差と、夫の心構え~

こんにちは、ぱたぶろです。
先日、無事長女が生まれました!まだ家族が増える実感がなくてふわふわしてますが、子どものかわいさだけはものすごく感じています。

出産時は妻がとても頑張っている中で、できるだけサポートしましたが、どこまでいっても所詮男は気休めくらいしかできませんね。奥さんに感謝!

我が家の出産レポート

感じたことは出産の流れはホントに人それぞれで、事前知識は頭に入れつつも、奥さんと助産師さんにいろいろ聞きながらその場で対応するしかないということです。
助産師さんから見ても実際かかる時間の予想は難しく、ゴールが何時なのかわからないところが辛いところでした。

陣痛開始から病院へ(1日目)

2日前くらいから不規則な痛みがあり、朝5時に陣痛が5分おきになったかな?というところで病院へ行きました。この時点で、「子宮口が結構開いているね~(5㎝)」ということで、陣痛室(分娩室の近くにある全室みたいな部屋)に入院しました。助産師さんいわく、「順調にいったら昼頃にお産になるかも。」ということでした。
(子宮口5㎝はもう折り返し地点と事前に勉強していたので、安産だ!とこの時点では思いました。)

朝10時くらいに診察したところ、そんなに進んでないということに。赤ちゃんが下りてくれば進みそうだね。とのこと。

正午ごろ、陣痛が不規則になってきている+赤ちゃんはやはり降りてこない。一時帰宅するか、入院したままにするか検討することに(あれ?昼頃お産になる説は??)

痛み自体は強くなっていることと、不安もあったので一時帰宅はせずに残ることに。「夜中くらいにお産になるかな~」とのこと。

この後陣痛を進めるために、階段昇降したりスクワットしたり、まさかのベリーダンスを助産師さんと一緒に踊ったり、痛みはありながらも余裕ありの様子で過ごしました。

18時ごろ診察をした結果「子宮口は7㎝くらいだけど陣痛が進んでいない」ということで、陣痛室から、産後入院の予定の個室にうつることに。ここで付き添いの僕は一時帰宅。コロナもあり、陣痛~出産は立ち合いOKなものの、病室での面会は指定された時間内の30分に制限されるという仕切りのため帰宅となりました。
(事前知識では、子宮口7㎝っていきみ逃しとかしてるのでは??ここも事前知識との差がすごい)

午前1時頃には、陣痛がまた強くなったということで再度病院に行きましたが、ここからまた膠着状態で長引きます。余裕もなくなってきて、体力もかなり消費してきたみたいでした。。。

膠着状態~陣痛促進時~出産(2日目)

午前9時ごろまでは、強めの陣痛が5-6分おきに続いてかなり辛そうでした。診察をすると、やはり進みが遅いということで陣痛促進剤を使うことに
(ちなみにこれも個人差だと思ったのは、隣の陣痛室にいた別のかたは促進剤を使っても進まず、結果入院3日目に帝王切開で無事にお子さんを産んでいました。)

我が家は促進剤の効果がてき面だったようで、11時頃には陣痛が2分間隔になり、「いきみ逃し」フェーズへ。テニスボールでお尻を押してあげるという、僕が少しだけ助けになれる時間が始まりました。

これもまさに個人差があると思うのですが、それなりに力のある僕(185㎝75㎏スポーツ経験あり)が100%以上の力で押してちょうどよかったみたいです。これはかなり想定外でした。こんなに押して大丈夫なもの?と思うくらい押しました。

そしてこのタイミングで助産師さんから、「夕方くらいにはお産になるかな?」という発言が妻の心を折っていました。
実際は午後2時頃に産まれたので、ここは予想より早かったです。プロでも読めないお産のゴール・・・。

12時には分娩台へ移り、13時にはいきむことができる様に
早めに赤ちゃんを出してあげよう、ということで助産師さんと産科医さんがサポートすることで、14時過ぎには出産となりました。

前日朝5時に病院に来てから33時間、病院に来る前も眠れなかったことを考えると、相当ハードなことを妻はやり遂げたと改めて実感しました。

テニスボールで押してる時くらいから泣きそうだった僕は涙しましたが、妻は達成感が勝っていて泣かなかったとのこと笑

立ち合いを経験して感じた、夫の持つべき心構え

当日、男はほぼ何も役に立たないのですが、少しでも気をまわしたサポートができる様に、僕は本に載っている出産の流れを丸暗記するぐらい読んで臨みましたが、出産は個人によるブレがものすごいです。
(もともとその通りには行かないと思ってはいたものの、頭に叩き込んでいた知識との違いがやはりすごい)

ただその前提知識を妻と共有しておいたことで、妻の不安を僅かながら理解できたり、助産師さんの話も理解しながら聞くことができました

必要なのは
マインド:「男にできることはほぼない!けどサポート頑張る」
      という謙虚かつ前向きな姿勢
準備:出産の流れをしっかり理解しておく(基本はちゃんと抑える)
行動:その上で、前提知識とは差が大きいので、助産師さんや奥さんの声をきいて
    キビキビ対応

ということかなと思います。
途中にも書きましたが、陣痛促進剤を使っても全然陣痛が進まないお母さんがいたり、
逆に「初産でも病院ついて5時間で産みました!」という方もTwitterでお見受けしました。

母子ともに健康で、感動・感謝の2日間となりました。
絶賛検討中らしいですが、やはりお母さんへの負担を少しでも減らすために、”男性産休制度”もあったほうが絶対いいなあ。。
(制度があっても、実際に使う人が増えるにはまたハードルがある気がしますが。)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました